催眠療法士の日記

催眠療法や心理療法、スピリチュアルなこと、心と身体の関係についてなどを発信していきたいと思います。
吾唯足知
0

    今はお盆休みの人が多いと思いますが、みなさんいかがお過ごしですか?サービス業の人たちなどは、お盆休みなど関係なく働いているんだろうと思います。私も基本的には盆やお正月など関係なく働いているのですが、毎年8月の13日だけはお休みをいただいて父親とお墓参りに行っています。私たちのお墓は埼玉県の秩父市にあります。私たちが今住んでいる千葉県の松戸市からは、どんなにすいていても車で3時間はかかります。だからいつもお墓参りの時はちょつとした小旅行気分です。

     

    今朝も5時半には起きて、6時前には車で出発しました。お彼岸の時などはいつも7時過ぎに出ていくの途中で混んでしまってひどいときには4時間以上かかるときもあるのですが、いくらお盆の混んでいる時期といえども、この時間ならすいていて、9時前には秩父に着いてしまいました。現地のスーパーでお花を買おうと思ったのですが、まだ開いていませんでした。少し待ってスーパーが開いてからお花とおばぎを買い、お寺に行きました。お寺の施餓鬼は午前10:00からで、また30分以上あったので、お墓をお掃除し、父親がお経をあげました。私の父親はお経をあげるのが好きで、毎日家で朝晩必ず2回お経をあげています。お墓に来ると30分くらいは必ずお経をあげます。亡くなった母親がまだ生きているころ、私がまだ子供だった頃は、よく早くお経を済ませてねなどと言ったりして、私自身もお経は好きではなかったのですが、私も年を取ったたのか、今では嫌いではありません。

     

    それからお寺でお坊さんたちによるお経が1時間近くはじまります。これも子供のころはとても長く感じられ、あまり好きではなく苦痛にさえ感じていたのですが、今ではこのお経がとても心落ち着くように感じられます。やはり年をとったのでしょうかね。私も少しは大人になったのでしょうか。子供にころはお寺やお経などはなんか辛気臭いように感じられどうちらかというと嫌いだったのに、今ではお寺に行くことが大好きだし、お坊さんたちがとてもすてきに見えます。

     

    毎年この施餓鬼の時はお土産としてうちわとお線香をいただけます。私はここでいただけるお線香の香りがとても好きで、今年も期待していたのですが、なぜかほかの人たちには不評だったらしく、もっと実用性のあるものがいいということで、今年はハンカチをもらいました。でもそれはただのハンカチではなく、そこには漢字4文字で吾唯足知と書いてあるハンカチでした。住職さんはこの意味を説明してくれました。私たちは欲望が強いので、今あるものに目がいかなくなります。もっとあれがほしい、これが足りない、と思うばかりで、今あるものに気づかなければ幸せにはなれません。今十分にもっているのに、それに気づくことができないんですね。催眠療法でも自分が現実だと受け入れたものが現実だと教えられます。同じ現象でも見ている人にとって見え方が違うんですね。幸せは外に求めるものではなく、要は自分自身の心の中にあるということですよね。東洋的な考え方でも西洋的な考え方でも同じなんですね。とても勉強になります。幸せは外にあるのではなく、心の問題なんですね。それはもう何百年もまえから言われていたことなんですね。文明がいくら発達していても、人間の心は何百年もまえから変わらないのかな。

     

    ある程度の欲は必要だと思います。またあるていどそれがないとあらゆる意味で成長はないでしょうね。欲も必要でしょうね。でもそれがいきすぎてしまうのはよくないんでしょうね。今持っているものに感謝し、さらにもっと上を目指して成長してく。その丁度よい加減が大切なんでしょうね。

    | sawasprit | プライベート日記 | 22:15 | - | - |
    私の最近お気に入りの休日の過ごし方
    0

      みなさんはお休みの日は何をされて過ごされるんですか?休みの日って、何をするか意外と悩むんですよね。何にもすることなくて困ることもあれば、やりたいことが沢山ありすぎて困ることもあります。どっちかといえば、やりたいことが沢山ありすぎて困る方がいいような感じがします。何にもすることがないときは「俺って友達少ないなぁ」とか「何も趣味もないつまらない人生だなぁ」といったような私を落ち込ませるような思考が次から次へと湧いて出てきてしまうものです。この思考に捕まらないようにするのは意外と大変だったりするんですよね。人には「思考というものはただの言葉に過ぎず、それと同一化した時に問題となるんですよ」などと偉そうなこと言ったりしているのですが、私も普通の人と同じで、よく思考の罠にハマってしまって落ち込んでしまうんです。

       

      でも、私は最近お休みの日の楽しみを一つ見つけたんですね。それはペットショップに行ってお気に入りの鳥さんをなでなでしに行くことなんです。動物に触れあうのは子供の頃から好きでして、特に犬や猫などは昔から大好きで、以前に2匹の猫を飼っていたこともあります。でも、私が今恋してしまっているのはそのペットショップにいる鳥さんなんです。

       

      その場所は千葉ニュータウンにあるジョイルフル本田というどでかいホームセンターにあるペットショップなんです。私はホームセンターも大好きで、特にこの千葉ニュータウンにあるジョイフル本田が好きなんです。以前からここでペット達を見たり、ガーデンコーナーで花を見たりして半日くらいを過ごしてしまいます。このホームセンターのホームセンターの売り場が少し前に改良されて、鳥や爬虫類などのコーナーが以前より充実したんですね。カメレオンや珍しいトカゲや珍しいカエルなどがいて、生き物好きの私の心をときめかせてくれるんです。そして鳥のコーナーも充実していて、南国のカラフルな珍しい鳥なども沢山いるんです。その中に私のお気に入りの鳥ちゃんがいるんですね。

       

      その鳥は緑色の羽で、中型の鳥で、体長は20〜25センチくらいでしょうか、目がくりっとしていてとても可愛いんです。私は初めて他の鳥にちょっかいを出して遊んでいました。他の鳥たちはすごく人になついていて、籠の間から指を入れると、指に甘噛みしてきたり、指の上に乗っかってきたりするんです。でも私のお気に入りの鳥だけは警戒心がとても強く、絶対に触れさせないどころか、近くに寄って来ようともしません。その時なぜか私の心の中に、必ず心を開かせてやるという気持ちが沸き上がってきました。

       

      それから私は週一でそのペットショップに通い、その鳥に私の顔を覚えてもらおうとしました。初めは完全に無視されましたが、3回目くらいからちょっとこちらに寄って来るようになりました。でも指を入れると、すぐに逃げてしまいます。それでも5,6日目くらいでしょうか、ついに頭の辺りをちょこっと撫でさせてくれました。この時はちょっとした感動を味わったものです。

       

      それからは私の事を危険人物ではないと認めてくれたようで、今では私が行くと向こうから寄って来てくれるようになり、頭をこちらに寄せて、足で頭を掻く動作をするんです。これは頭を掻いてくれということなんですね。私が頭を掻いてあげると、気持ちよさそうに眠ってしまうんです。この時の顔が何ともいえず可愛いんですね。

       

      でも、私はその鳥が鳴いたことを聞いたことが一度も無かったんです。鳥って普通はキーキーうるさいものですよね。周りの他の鳥たちはひっきりなしに鳴いていますが、その鳥は決して鳴かないんです。でも昨日、私が帰ろうとした時、ものすごく小さな声で「キッ」と鳴いたんです。行かないでと言っているように聞こえました。嬉しかったですね=。

       

      飼いたいなぁとは思いますが、私は旅行が好きで家を空けることもありますし、何といってもその鳥のお値段が298,000円なんです。298,000ルピアなら私にもてがでますが、298,000円だとちょっと無理そうです。早くいい人に買われてほしい、という気持ち反面、ある日突然いなくなっていたら、きっと寂しいんだろうな。

      | sawasprit | プライベート日記 | 13:16 | - | - |
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << January 2020 >>
      + SELECTED ENTRIES
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + フリー1
      + フリー2
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE