催眠療法士の日記

催眠療法や心理療法、スピリチュアルなこと、心と身体の関係についてなどを発信していきたいと思います。
<< 人間は脳の10%しか使っていないんです | main | 催眠は潜在意識の性質を利用しています >>
催眠は潜在意識の性質を利用しています
0

    今回は潜在意識についてお話しします。潜在意識には、過去にあった感覚的な印象と記憶がすべて保管されています。潜在意識を構成するのは、脳、脊椎、そして身体の隅々までを結ぶ神経束です。神経は頭のてっぺんから足のつま先までいきわたっています。あらゆる動作、思考、感情にかかわる情報は神経を通して身体の各部まで届きます。身体の動きは、すべて管理されていることになります。非随意的な内臓の機能、例えば消化、循環、生殖、まばたきまでもがここに含まれます。潜在意識は内臓や骨や肉体の細胞をひとつ残らず管理していて、健康を保っています。反射的に繰り返している習慣や体質までも、潜在意識の管理下にあるんです。

     

    あなたが目覚めていようと眠っていようと、潜在意識は昼夜を問わず働いているんです。睡眠中は、潜在意識が優勢になりますが、それ以外の時も休んでいるわけではありません。潜在意識には過去の出来事の全てが記憶されているんですね。良いことも悪いことも、また出来事にまつわる感情や周囲の状況も記憶されているんです。

     

    退行催眠では、長い間忘れていた記憶が鮮明によみがえることがあります。潜在意識は、顕在意識が直接管理していない肉体のあらゆる機能を管理しています。状況によっては、顕在意識を押しのけて優勢になります。例えば、顕在意識では話そうとしているのに、潜在意識がそれを邪魔すると、言葉がつかえてどもったりするのです。

     

    睡眠中の夢も潜在意識の働きです。夢は、人生を改善するための解決策を模索する潜在意識の試みなのです。実際、潜在意識には問題解決の能力があるんです。「その件については、一晩眠って考えるよ」と言うと、潜在意識はその件について、本当に一晩考えるんです。翌朝目覚めると、まったく新しいアプローチや解決策が見つかっていることがあります。インスピレーションやひらめきも潜在意識の産物です。夢をヒントに天才的な発見や発明をした例は珍しくありません。これも潜在意識が前日の課題を睡眠中に処理した結果なんです。偉大な発見、思考、洞察などは、ゆったりとリラックスした状態にあるときの潜在意識の活動から生まれるのです。

     

    潜在意識は自動で動く機会のようなものです。ゴールや答えを設定すると、そこに向かって直進します。潜在意識には、独自の感情や意見はありません。すでに記憶されている情報を基に応答します。顕在意識が送りこむ提案やアイデアをそのままうけいれ、それを基に行動します。独自の判断はしません。また、現実と創造の区別ができません。潜在意識の力は、顕在意識の意思の力よりも優先されます。すっぱいレモンを想像しただけで唾が出てきてしまうのはそのためなんです。催眠は潜在意識のこのような性質を利用しています。催眠状態でリラックスしているときが、もっとも潜在意識に近づきやすいんです。潜在意識は自動で動く機械、またはコンピューターのようなものですから、あなたの習慣や生き方を変えたければ、新しいプログラムを入れてあげればいいのですね。

    | sawasprit | 催眠療法 | 15:18 | - | - |
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + フリー1
    + フリー2
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE