催眠療法士の日記

催眠療法や心理療法、スピリチュアルなこと、心と身体の関係についてなどを発信していきたいと思います。
<< 催眠状態と脳波 | main | 催眠は潜在意識の性質を利用しています >>
人間は脳の10%しか使っていないんです
0

    人間の意識ほど不思議で魅力的なものはありません。意識は情報を集め蓄積します。そして肉体と精神の働きをつかさどっています。あなたの意識は、単なる脳みそではありません。あなたは、あなたという肉体を持った情報処理システムなんですね。意識というのはとても効率的に、また複雑に働いています。どんな先端技術も人間の脳に匹敵するものをいまだに開発できません。脳の言語処理能力ひとつをとっても、その複雑さがわかります。たいていの5歳児は、母国語の基本的な構文と特質を理解していますが、コンピューターにはそれだけの機能はありません。ほとんど自動的に身体を動かしているような、服を着るとか、皿を洗うといったごく単純な行為も、コンピューターにプログラムしようとすれば、数十億ビットの情報量になってしまいます。人間の頭脳が開発した何物も、頭脳そのものにはかないません。快適な生活を可能にするすばらしい先端技術のすべては、人間の意識が作りだしたものなんですね。

     

    最新の大型コンピューターは、複雑な電子記憶装置のなかに一億以上の接続をもつといわれています。その接続の一つ一つが人間の脳細胞、つまりニューロン一個を模倣しようとする試みなんです。一人の人間の脳には100から150億を超える接続があります。コンピューターに人間の脳と同じだけの許容量をもたせようとすれば、大型コンピューターが100基は必要なんですね。

     

    意識の情報処理は、二方向あります。一つは、情報を受信することです。「これはなにか」「ここでなにが起こっているのか」「それに対して私は何をすべきか」ということです。

     

    もう一つは行動を発信することです。肉体の各部にメッセージを伝達して行動をとらせます。この時のメッセージは、分泌物、電気的な信号、物理的な信号として顕在意識と潜在意識の両方に伝達されます。

     

    人間の脳の機能がすべて解明されているわけではありませんが、顕在意識と潜在意識と言う2つの側面があることは広く認識されています。意識全体に占める割合は、顕在意識が10パーセント、潜在意識が90パーセントなんですね。私達は意識の10パーセントしか使っていないんですね。これには生理学的な根拠があるんです。ニューロンは複雑な網の目のように互いに接続しあってネットワークを作っています。大多数の人間が普段使っているのは、全ニューロン接続の約10パーセントだと科学者はいいます。残りの90パーセント、つまり潜在意識を活用できれば、さらに多くのニューロンをこのネットワークに接続できるのです。そうすれば情報処理能力は飛躍的に高まります。

     

    意識の2つの側面は、脳の2つの半球に対応します。顕在意識の考える機能は主に左脳に、潜在意識の感じる機能は主に右脳に属しています。意識の2つの側面は、意識が2つに分離しているという意味ではありません。顕在意識と潜在意識、又は右脳と左脳が同時に活動しているとき、互いが連結して働いているんですね。催眠は脳の両半球、または意識の両側面を最大限に活用できることを可能にするのです。

    | sawasprit | 催眠療法 | 15:27 | - | - |
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + フリー1
    + フリー2
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE