催眠療法士の日記

催眠療法や心理療法、スピリチュアルなこと、心と身体の関係についてなどを発信していきたいと思います。
<< 想像力を使いましょう。 | main | 池江選手のお母さんは催眠療法を使っていました >>
肉体が意識の命令に従うことを体験してください。
0

    暗示の法則については、納得していただけたでしょうか。肉体は意識に従うということが信じられたでしょうか。それを確かめるための実習をいくつかご紹介したいと思います。全部自分一人でできますので、読むだけでなく実際にやってみてくださいね。

     

    まず一つ目は鉛筆を使います。鉛筆を1本用意してください。鉛筆でなくても、シャープペンでもボールペンでも筆ペンでも、形の似たようなものならなんでもいいですよ。そうしたら、人差し指と親指の2本の指で軽く鉛筆を持ってください。そして、鉛筆をしっかりと見つめて「私はこれを落とすことが出来る、私はこれを落とすことが出来る、私はこれを落とすことが出来る、・・・・・・・」と間をおかずに繰り返しながら、鉛筆をゆすって落とそうとしてみてください。そうするとどうでしょう。できませんよね。落とそうとすればするほど、2本の指に力が入ってしまい、指が固く鉛筆を握りしめてしまうのです。では今度は、「私は・・・・できる」という文章を、「私は・・・・している」という文章に変えてもう一度同じように鉛筆をゆすってみてください。つまり「私は鉛筆を落としている、私は鉛筆を落としてる、私は鉛筆を落としている・・・・・」に変えると、鉛筆はすぐに落ちてしまうと思います。これは集中の法則のデモンストレーションです。

     

    今度は両手を使ってもらいます。この実習は指示を最後まで読んでから行ってくださいね。ではまず、座り心地の良い椅子に楽な姿勢で座ってください。両足の裏をぺたりと床につけましょう。イメージしやすいように、目は閉じていてください。では、両方の手を肩の高さまでまっすぐに伸ばしてください。そして左手のひらを上に向けて、そこに大きくて重たい辞書のような重た〜い本が乗っているとイメージしてください。その本の重さで左手がだんだんと下がっていくのをイメージの中で見てください。本はどんどん重たくなってきて、腕は更に疲れてきてもっと下がっていくのを感じてください。一方、右の手首には、真っ赤な色の1メートルくらいある大きなヘリウム入りの風船が結ばれているところをイメージしてください。風船は天井の方へと上がっていきます。あなたの右手はこの風船に引っ張られてどんどん高く上がっていきます。風船に引っ張られる手を、イメージの中で見ながら、右手が軽くなっていくのを感じてください。風船の色やサイズ、質感までも、できるだけ鮮明にイメージしてください。右手が浮かんでいくのを思い描いてください。左手には辞書のように分厚くて重たい本、右手には真っ赤で大きい風船、と交互にイメージして数分間これに集中してください。そして目を開けてみましょう。もし、あなたがこのイメージに集中できていれば、右手は上に上がり、左手は下に下がっているという具合になっていると思います。想像上の本と風船があなたに起こした反応は、あなたの肉体が意識の命令に従った証拠なんですね。

    | sawasprit | 催眠療法 | 16:21 | - | - |
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + フリー1
    + フリー2
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE