催眠療法士の日記

催眠療法や心理療法、スピリチュアルなこと、心と身体の関係についてなどを発信していきたいと思います。
<< 気持ちをコントロールできるという幻想 | main | レモン・レモン・レモンと続けて言ってみてください >>
私たちには潜在意識と呼ばれる無意識の部分があります。
0

    私たちには、2つの意識があるんですね。一つは、今自分で気づいていられる部分の意識、これを顕在意識だとか表面意識と呼びます。この顕在意識というものは、実は意識全体に占める割合は5〜10%程度に過ぎません。

     

    もう一つの意識は潜在意識と呼ばれる無意識の部分で、こちらは意識全体に占める割合の90〜95%を占めています。実は私たちが生きている時間のうちの90%以上は無意識の中で行動しているんですね。

     

    これらの顕在意識と潜在意識の働きは、私たちの左脳の部分と右脳の部分に置き換えることができるんです。顕在意識の働きは私たちの左脳の部分の働きで、主に考えるという働きをしています。考えたり、分析したり、計算したり、読む、書く、話すといったようなことをしています。

     

    もう一つの潜在意識の働きは、主に感じるという働きをしています。何かをイメージするとか、直観だったり、音楽や芸術の創造性だったり、感じる部分の働きをしています。

     

    この潜在意識にはいくつか特徴があります。この潜在意識の中には、その人の行動パターン、思考パターン、習慣、人格、自律神経のコントロールなどがプログラミングされています。また、記憶の貯蔵庫で、その人が見聞きした経験がひとつもかけることなく保管されています。それこそまだお母さんのお腹の中にいるときの記憶も保管されているのです。私たちがすぐに取り出せる記憶というものは、顕在意識の中にある表面上の記憶だけです。でも、催眠状態ですと、潜在意識の奥にある記憶を取り出すことができます。

     

    また、問題を解決するという特徴もあります。何か問題があると潜在意識は独自に問題を解決しようとします。突然のひらめきや、夜寝て朝起きた時にいいアイディアが浮かぶというのは、潜在意識が寝ている間でさえもその問題を解決していたからなんです。

     

    また、潜在意識はオートメーションで動いている機械のような働き方をします。プログラム通りに動く機会のように、潜在意識も既にある記憶をもとに行動します。その行動が良いとか悪いとかの独自の判断はしません。ちょうどパソコンににています。パソコンのハードディスクのなかにあるプログラム通りに作動しますね。そのプログラムが良いとか悪いとかの独自の判断はしません。ですので、もし間違ったプログラムを入れられてしまったら、その間違ったプログラム通りに作動してしまいます。潜在意識も同じで、表面意識上で悪いと思っていても、その行動が潜在意識の中にプログラムされてしまっていたら、潜在意識のプラグラム通りの行いをしてしまうのです。これが自分の意思で行動を変えられない原因です。

     

    また、潜在意識は現実と創造の区別ができません。ちょっと酸っぱいレモンを食べる所を想像してみてください。そうするとちょっと唾がでてきませんか?不思議ですよね、ここに実際にレモンがあるわけではないのに、想像しただけで唾がでてきてしまうのです。これは潜在意識が現実と想像を区別できないからなんですね。

     

    催眠療法というのはこれらの潜在意識の特徴を用いた療法なんです。催眠状態の時が一番潜在意識に対して影響を与えることができるんです。そして、潜在意識の中に間違って入れられてしまったプログラムを、その人の望むのものに変えるお手伝いをするものなんですね。

    | sawasprit | 催眠療法 | 16:00 | - | - |
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + フリー1
    + フリー2
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE