催眠療法士の日記

催眠療法や心理療法、スピリチュアルなこと、心と身体の関係についてなどを発信していきたいと思います。
<< あなたは思考に囚われていませんか | main | 私の最近お気に入りの休日の過ごし方 >>
自分で痛みをコントロールする
0

    痛みについて書いてみたいと思います。痛いのは嫌いですよね。特殊な人を除いて、大抵の人は痛いのは嫌いです。私も大嫌いです。そこで、自分で痛みを和らげる方法をこれから書いていきたいと思います。沢山あるので、何回かに分けますね。

     

    痛みって、人によって感じ方が違うんです。同じ痛みでも痛く感じない人もいれば、ちょっとの痛みでもすごく痛いと感じる人がいますね。何ででしょうか。また、同じ人でも、その時によって痛みの感じ方が変わったりします。何ででしょうね。

    私達って、意識を集中したものが現実になるんです。意識を集中せずに気づかなければそれはないのと同じなんです。私は整体もやっているんですけどね、その人が早く良くなるかどうかは、その人の意識の向け方で分かっちゃうんです。施術が終わった後、良くなった部分に意識が向く人は、早く良くなります。逆にまだ痛い部分に意識を向ける人はなかなか良くならないんです。もうほとんど痛みがなくても、色々身体を動かしたりして、「あ、こうするとまだ痛いです」とか言うんです。この意識の向け方が本当に痛みを生んでしまうのです。この部分を指摘して、理解した人は良くなりますけど、バカにして信じない人はいつまでたっても痛いままなんです。

     

    私たちの身体って、いかに優れているか驚くばかりなんです。例えば私達は、大勢が話している騒がしい部屋で、一人だけの話を聞くことができますね。私たちの耳は、不要な音や騒音を追い出すことができるんです。

     

    2人で映画館に行って、脚組をしたり、パートナーに腕をもたれかけたりしたまま居眠りしてしまうと、ずいぶん後になってから腕や脚が痺れていることに気づきます。

     

    キャンプなんかで夢中になって遊んでしまうと、知らぬ間に松の葉に引っかかったり、虫に食われたり、日焼けをしたりします。夜になってキャンプファイヤーをしていて我に返った時に身体に何が起こったかに気づきます。それはあまりに楽しい体験や感情が痛みを忘れさせてしまうのです。

     

    実際に痛みを負ってから実際に痛みを感じるまで、何時間もかかることがあります。これはマインドによるトリックなのです。このトリックは日常茶飯事に起こります。

     

    今でさえ、この文章を読んでいるとき、あなたは靴下を履いているのを忘れているのではないでしょうか?実際に履いていても、その感覚に気づかなければ、忘れているのと同じですね。

     

    あなたは腕時計をしていることや、眼鏡をかけていることを忘れているでしょうが、言われればその感覚に気づくものです。胃を締め付けるベルトのことも忘れているでしょうが、言われれば気づくはずです。シャツの襟があなたの肌に一日中触れていることもそうです。あえてこのように言うと気づくものなんです。

     

    でも、何も魔法の言葉によって無感覚になっていたわけではありませんね。「あなたは今から靴下を履いていることを忘れます」とか「服が肌に触れていることをわすれます」などと、私が催眠をかけたわけではありません。このような能力は誰でも持っている能力なのです。(また催眠については詳しく書いていきますが、全ての催眠は自己催眠です)薬もいりませんし、手術もいりません。マスターしなくてはならない特別な瞑想も必要ありません。

     

    私達は自然と潜在意識の力を使う方法を学んできているのです。呼吸や瞬きをするかのように感覚を忘れる能力です。

    それと同時に、意識を集中させ、より敏感に感じる能力も身につけているのです。より痛みを感じやすくさせる方法も合わせて持っているのです。

     

    昔から催眠療法では、痛みから意識をそらさせることで、痛みをコントロールしてきました。第一次世界大戦中に、麻酔が足りなかったときは、催眠を使いました。歯科治療にも催眠麻酔を使いました。そのやり方はまた改めて書いていこうと思います。

     

    あなたが痛みに集中すればするほど、痛みを感じる感覚は鋭くなるんですよ。これを覚えていてくださいね。

    | sawasprit | 催眠療法 | 17:11 | - | - |
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + フリー1
    + フリー2
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE