催眠療法士の日記

催眠療法や心理療法、スピリチュアルなこと、心と身体の関係についてなどを発信していきたいと思います。
| main | あなたは思考に囚われていませんか >>
みなさんはストレスありますか?
0

    みなさんはストレスありますか?ありますよね。100人に聞いたらほぼ100人あると答えるのではないでしょうか。まれに「私は全然ストレスなんてありません」と答える人もいますが、ストレスがあるのが当たり前なので、本人が気づいていないだけなのかもしれませんね。まぁ、本当にストレスなく生きている人もいるでしょうか、そのような人たちはきっと人生の達人で、羨ましいかぎりです。

     

    日常でストレスを感じる状況って、どんなものがあるでしょう。

     

    高圧的な上司と毎日仕事をしなければならない。

    生意気な部下がいる。

    大事なプレゼンで発表しなくてはならない。

    毎日満員電車で通勤しなくてはならない。

    子供が言うことをきかない。

    結婚しろとうるさく言われる。

    子供ができない。

    まだまだ無限に出てきますね。でもこのようなものは明らかにストレスになるとわかりますが、結婚をするとか新しい家を買うとか、一見良いことのように見えるものもストレスになるんです。

     

    で、ストレスを感じると、必ず身体に変化が起こるんです。心と身体は一つながりなんですね。

    昔、私たちの祖先がまだサバンナの中を駆け回って、野生の中で暮らしていたようなころは、ライオンやクマなんかに襲われて命を落としてしまうというような事がよくあったんです。だから昔の人はあまり長生きできませんでした。そして、実際に目の前にライオンが現れてしまった時、私たちの身体は、そこから逃げるか、逃げれないなら闘うかの反応をとるんです。これを闘争逃避反応といいます。身体にアドレナリンやコルチゾールなどのストレスホルモンが大量に分泌され、心臓をバクバクさせて手足の筋肉に大量の血液を送ってすぐにでも逃げれるようにするんです。これをストレス反応っていうんですね。

     

    現代は文明が発達したおかげでライオンに食べられることはなくなりましたが、上記に挙げた様な様々なストレスが出てきました。そして人間の古い脳の部分は、これらのストレスと、ライオンに食べられちゃうような命の危険とを区別できないんです。嫌な上司と一緒に仕事をしている時は、ライオンが目の前にいるのと同じなんですね。つまり、現代はストレス反応が入りっぱなしになってしまっているのです。

     

    現代は全世界でうつ病が問題になっています。実は私もうつ病で苦しんだ人たちの中の一人です。自分で独立した後、初めはなかなかうまくいかず、毎日悩んで休みなく働いていました。そのうち呼吸をすることが難しくなり、何となく呼吸が苦しいなぁという状態が数か月続いたころ、車の中で急に呼吸ができなくなりました。その後心療内科に1年間通うことになりました。そんなことがあったから、心理療法や催眠療法やスピリチュアルなことを勉強しようと思ったのかもしれません。

     

    | sawasprit | 心理 | 15:16 | - | - |
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + フリー1
    + フリー2
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE