催眠療法士の日記

催眠療法や心理療法、スピリチュアルなこと、心と身体の関係についてなどを発信していきたいと思います。
<< 〜しなければならないで行動してませんか? | main | 大丈夫は魔法の言葉 >>
催眠の効果はすぐに感じられるとは限りません
0

    ミルトン・エリクソンさんという催眠をやっている人なら知らない人がいないくらい有名な催眠家がいました。

     

    この人がある女性に自分の庭にある植木の枝を切って持って帰っていいよといいました。

     

    この女性は脚立と枝切りばさみを使って枝を切りました。

     

    ミルトン・エリクソンは女性が枝を切るたびに「もう十分だ」と言い、また別の枝を切らせるたびに「もう十分だと」言うのを繰り返しました。

     

    この女性はこの枝を家に持ち帰って大事に育てました。そして十数年後、その女性に人生の危機が訪れました。

     

    その時、エリクソンに言われた「もう十分だ」という言葉が何度も何度も頭に蘇ったそうです。

     

    エリクソンはこの女性が自己肯定感が低いことを知っていて「もう十分だ」という暗示を与えていたのです。

     

    自己肯定感の低い人は今のままの自分じゃいけないという感覚が強いので、「もう十分だ」というのは今のままのあなたで十分ですよという意味なんでしょう。

     

    この女性はこの言葉のおかげで人生の困難を乗り越えられたということです。

     

    催眠の効果というのは催眠のセッションが終わった後すぐに感じるわけではありません。

     

    もちろんすぐに効果が感じられることもあります。頭が痛いとか、耳鳴りがするとか、腰が痛いとか、痛み系の主訴の場合は催眠のセッションが終わった後、「あれっ、痛くない」などすぐに効果が分かる場合もあります。

     

    でもその他の場合は、催眠セッションの後すぐに効果を感じるというよりは、その後の生活の中で先ほどの例のように必要な時に催眠中に言われた言葉が蘇ってくるとか、気づいたら問題行動をやめていたとか、後で気づくことが多いです。

     

     

    | sawasprit | 催眠療法 | 17:16 | - | - |
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + フリー1
    + フリー2
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE