催眠療法士の日記

催眠療法や心理療法、スピリチュアルなこと、心と身体の関係についてなどを発信していきたいと思います。
<< 病気は身体からの大切なメッセージ | main | 乳がんの方にパーツセラピーを行いました。 >>
がん患者さんへのパーツセラピー
0

    先日、がん患者さんにパーツセラピーを行いました。

     

    ちょっとパーツセラピーについてお話します。私たちには色々な側面があります。穏やかな部分もあれば、攻撃的な部分もあったり、明るい面もあれば、暗い面もあったりします。そして一見あまり役に立っているように思えないようなパーツも、本当はその人にとって最善の事をしていると思っています。

     

    西洋医学では、病気というのは身体のどこかが悪いものという考えですが、私はそれとは別に、病気や痛みは、身体からのメッセージだと思っています。何か肯定的な意図があって、病気を作り出しているんだと思うんです。がんというのはインフルエンザにかかるように病気になるわけではないんですね。自分の身体がそうするんです。そのには何意味があるんじゃないでしょうか?

     

    どうしてこうなってしまったのかを考えるよりも、それが何のメッセージなのかを分かり、この経験を通して何に気づきかの方が大切だと思います。

     

    私はその方を催眠状態にして、がんにさせているパーツに出てきてもらいました。そしてこのがんの意味を聞いてみると、気持ちを抑え込まないでほしいということでした。そしてその期限まで退行催眠でさかのぼってみると、小学生の頃に戻りました。普通の退行催眠だと、そこで根掘り葉掘り聞くのですが、パーツセラピーではその人自身が分かっていればいいので、そこまで立ち入りません。私はそこで、子供のころの自分を抱きしめてもらい、今まで気づいてやれなかったことを謝り、これからは守っていくよと伝えてもらいました。

     

    その人は普段決して自分の弱みは見せないようにする人なのですが、その時は涙が止まらなかったようです。私はがんのパーツに、その人をがんにさせる役割をやめてもらい、これからはその人の身体を健康にしてくれるよう頼みました。そのパーツはその提案を受け入れてくれました。

     

    終わった後、その人は自分でもこんなに涙が止まらなかったことにびっくりしたと言っていました。でもその顔を見ると、来た時とは別人のようにすっきりしていました。

     

    来年から治療が始まるようですが、きっと大丈夫でしょう。潜在意識からのメッセージをちゃんと受け止めたのですから、もうがんにさせる必要はなくなったんです。

    | sawasprit | スピリチュアル | 23:23 | - | - |
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + フリー1
    + フリー2
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE