催眠療法で身体の不調を癒す

千葉県流山市南流山駅前の催眠療法(ヒプノセラピー)。うつ・パニックなど、ストレスによる体調不良を専門に扱う催眠療法(メディカルヒプノセラピー)です。不眠、恐怖症、頭痛、過去のトラウマなどでおこまりですか?松戸、柏、三郷、野田、鎌ヶ谷などからも通院便利。オンラインによる施術も行います。初回無料相談あり。
<< 催眠療法の歴史(その1) | main | 催眠療法の歴史(その3) >>
催眠療法の歴史(その2)
0

    メスメリズムを科学的に研究した最初の医師は、イギリス人のジェームス・ブレイド(1975〜1860)でした。祭りの出し物として実演されていたメスメリズムを見物していた彼は、こんなものはいかさまに違いないと確信しました。そして、いかさまであることを証明しようという動機からメスメリズムに真剣に取り組みました。ところが研究を進めるうちに、かえってこの手法にひきつけられてしまいました。友人と実験を繰り返したブレイドは、催眠の意識状態を誘うためには、瞼が重くなることが不可欠だという結論に達しました。また、被験者の期待が高まっていると、暗示を受け入れやすくなることも発見しました。「催眠」という言葉を最初に使ったのはブレイドです。催眠という言葉は「眠り」を意味するギリシャ語の「ヒプノス」に由来します。ブレイドは、催眠という言葉は誤解を生みやすく正確ではないと気づき、一つの考えに集中するという意味の「monoideism」に変えようとしましたが、すでに催眠(ヒプノシス)という言葉が普及してしまっていました。私たちが今でもクライアントを催眠から戻すときに、目覚めるという言い方をしているのはこの影響なのです。

     

    ブレイドは、催眠家がいなくても催眠が可能であることを発見しました。視点を1点に固定して見つめ続けると目が疲れて瞼が重くなる。すると自然に催眠に入るのです。また、「あなたはとても眠くなりますよ」という言葉を被験者にかけると、このプロセスが短縮されることも分かりました。ブレイドの業績で特に重要なのは次の2点です。

    1、オカルトの一種と考えられていた催眠に、信憑性を与えるきっかけを作った。

    2、催眠のパワーは被験者本人にあり、催眠家には補助的な影響力しかないことを証明した。

    | sawasprit | 催眠療法 | 15:17 | - | - |
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + お知らせ
    案内

    屋号:おおさわ催眠センター

    

    所在地:千葉県流山市南流山1−7−6 ドゥリエール202

    連絡先:04-7159-8422

    *上記の番号はおおさわ整体院と共通になります。施術中はお電話に出られませんのでご了承ください。

    *お知らせ

    ・7月は通常営業です。

    ・オンライン(ZOON/SKYPE)による催眠セッション始めました。ご自宅で催眠セッションができます。

    ・初回30分を上限として、オンラインによる無料の質疑応答をおこなっております。催眠セッションに不安のある方はまずはビデオ通話でお話ししませんか。

    *コロナ対策について

    1、施術の戦後はアルコール消毒液にて手を消毒しています。

    2、定期的に部屋の換気をおこなっています。

    3、お一人づつの施術のため、他の人と接触することはありません。

    4、毎朝体温を測り、施術者の健康管理に気を付けています。

    + チャット

    *チャットでもお問い合わせできます。

    ・SKYPE ID:oosawaseitaiin

    ・Chatwork ID:osawahypno

    ・LINEはQRコードをタップしてください

    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE