催眠療法士の日記

催眠療法や心理療法、スピリチュアルなこと、心と身体の関係についてなどを発信していきたいと思います。
<< 私は今日、人助けをしました。 | main | 催眠療法の歴史(その2) >>
催眠療法の歴史(その1)
0

    古代エジプトにあった「眠りの寺院」では、僧侶が信者を眠りに誘導してから病気を治療する暗示を与えていました。このとき僧侶が用いた手順は、私たちが現在「催眠誘導」として使っているものとよく似ています。この手法は紀元前4世紀にはギリシャに伝わり、その100年後にはローマに伝わってローマ帝国内で継承されました。

     

    祈祷師、シャーマン、メディスンマンたちはいつの時代、どの文化にも存在しました。だから「暗示、眠り、癒し」という概念がヨーロッパに伝わった年代を特定するのは難しいのですが、その概念は各時代の文化を反映して変化しつつ存在していたのです。

     

    1世紀の初頭、「手の技」として認められた技術がありました。その心理療法としての価値が広く受け入れられたのは、証聖王エドワード(1042〜1066)が自らこれを使用し承認してからといわれています。彼は手を触れて人を癒すことにたけていました。この療法は評判となり、イギリス教会は「治療の際に適切な聖歌と詠唱を欠かさなければ、それは正しい治療法として祈祷書にも書かれている」と承認し、「手の技」は公に認められました。当時は教会のいうことに間違いはないという時代でした。

     

    しかしその後イギリス君主がこの療法に興味を失うと、民衆もそれにならいました。やがて「暗示による癒し」の評判はがた落ちとなり黒魔術とみなされるようになりました。文明社会でそれを行うのは魔術師か妖術師とみられました。中世の人々はこの技を恐れました。催眠についての誤解が数多く生まれたのはこの時代なのです。

     

    高名なフランツ・アントン・メスメル(1760〜1842)がフランスに登場したときも、大衆は好意的ではありませんでした。しかしメスメルはあきらめませんでした。そして彼のメスメリズム(動物磁気説)はフランスの貴族たちの間で人気を得て急速に広まりました。現在の私たちから見れば、メスメリズムは暗示以外の何物でもありませんが、そにかくそれは効果がありました。最盛期には1日に3000もの人がメスメルに触れてもらおうと彼のもとを訪れました。ここでも、大衆の意識と見解をリードしたのは特権階級でした。

     

    しかし彼の挑戦的な態度と激しい性格が禁欲的な人々の怒りをかい、メスメルをねたむ医師やそれに同調する政治家の集団が、メスメルを調査してインチキを暴こうという委員会を組織しました(ベンジャミン・フランクリンもその一員でした)。それはメスメルの追放という不幸なかたちで決着しました。だが彼の理論は引き継がれて、今日では一般的となっている集団の心理療法やイメージ療法などの基礎となっています。ただメスメルがあまりにも強烈な印象を残したので、その業績は黒魔術の色彩が濃いものとなってしまいました。

    | sawasprit | 催眠療法 | 16:09 | - | - |
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + フリー1
    + フリー2
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE