催眠療法士の日記

催眠療法や心理療法、スピリチュアルなこと、心と身体の関係についてなどを発信していきたいと思います。
<< 訓練でイメージ力は高まります | main | 私は今日、人助けをしました。 >>
催眠療法士はコンピュータープログラマーに似ています
0

    プログラムの修正方法には2つのやり方があります。一つは別のプログラムをインストールするという方法です。3+1=4のような簡単なプログラムであれば、別のプログラムをインストールするという方法が大変効果的です。もう一つはプログラム自体を書き換える方法です。例えば使っているパソコンのプログラムに問題が発生したら、プロの手を借りて再プログラミングする必要があります。つまり、催眠療法士はプロのコンピュータープログラマーの役割を果たしているといえます。

     

    具体的なシステムについて説明すると、暗示は単に暗示に過ぎません。しかし、催眠状態=変性意識状態に入ると、脳の判断機構が緩むことにより、暗示を受け入れることが可能になります。パソコンで言うと、実際にプログラムをインストールするためには、まずシステムにアクセスしなければなりませんね。パソコンにはセキュリティがかかっていて、正しいパスワードを打ち込まなければ、そのセキュリティを解除することはできません。

     

    それと同じように、人の判断機構を緩めなければ、潜在意識に働きかけ、プログラムを修正することはできません。具体的に言うと、催眠誘導でリラックスさせ、変性意識状態にさせることで判断機構を緩めることが催眠のもつ役割なのです。そこではじめて暗示がまっすぐ潜在意識に入っていくことができます。

     

     

    | sawasprit | 催眠療法 | 15:31 | - | - |
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + フリー1
    + フリー2
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE