催眠療法で身体の不調を癒す

千葉県流山市南流山駅前の催眠療法(ヒプノセラピー)。うつ・パニックなど、ストレスによる体調不良を専門に扱う催眠療法(メディカルヒプノセラピー)です。不眠、恐怖症、頭痛、過去のトラウマなどでおこまりですか?オンラインによる施術も行いますのでご自宅で催眠療法が受けられます。初回無料相談あり。
おおさわ催眠センター【お知らせ】
0

    *お知らせ

     

    ・9月は通常営業です。

    ・オンライン(ZOON/SKYPE)による催眠セッション始めました。ご自宅で催眠セッションができます。

    ・初回30分を上限として、オンラインによる無料の質疑応答をおこなっております。催眠セッションに不安のある方はまずはビデオ通話でお話ししませんか。

     

    *コロナ対策について

    1、施術の戦後はアルコール消毒液にて手を消毒しています。

    2、定期的に部屋の換気をおこなっています。

    3、お一人づつの施術のため、他の人と接触することはありません。

    4、毎朝体温を測り、施術者の健康管理に気を付けています。

     

    *チャットでもお問い合わせできます。

    ・SKYPE ID:oosawaseitaiin

     

    ・Chatwork ID:osawahypno

     

     

    | sawasprit | おおさわ催眠センター案内 | 17:10 | - | - |
    おおさわ催眠センター【基本情報】
    0


      身体の痛みと不調のための催眠療法

       

       

      ストレスによる不眠、肩こり、頭重感、訳もなく悲しくなり涙が出る、怒りっぽくなる、下痢をする、などでお困りですか?お一人で悩まずまずはご相談下さい。

       

       

      初回の方限定で無料オンライン質疑応答実施中

      まだ催眠療法を体験したことがない人にとって催眠療法受けることはハードルが高いのではないでしょう?

      催眠療法ってどんなことするんだろう?騙されたりしないか?自分が抱えている悩みは催眠の対象になるんだろうか?料金体系はどうなっているんだろう?セラピストが怖い人だったら嫌だな。セラピストは自分と相性のある人なんだろうか・・・他にも不安があって催眠療法を受けることを躊躇している人は多いと思います。そこで当センターでは初めての方1回限りですが、30分の無料オンライン質疑応答をしています。実際にオンラインで顔と顔をあわせて皆様が不安に思っていることに応えてまいります。無理やり予約を取らせるようなことは致しませんので、まずはオンラインでお話ししませんか?

      ​申し込み方法は、HP内にあるオンライン予約の中から無料オンライン質疑応答を選択していただき、ご希望のお時間を選んで予約をお取りください。

       

       

      屋  号:おおさわ整体院 2004年10月創業 2013年おおさわ催眠センター併設

      院  長:大澤康典

      資  格:国際催眠連盟認定ヒプノセラピスト

      国際催眠連盟認定メディカルヒプノプラクティショナー

      ※メディカルヒプノは、医療の現場や歯科治療の現場で行われる催眠療法です。手術前の患者の不安をやわらげ麻酔の量を少なくする。出産時の痛みを和らげる催眠出産(ヒプノバース)。血圧を下げる。身体の痛みを和らげるなどがあります。

      沿  革:2004年10月8日に千葉県流山市南流山にて「おおさわ整体院」を開院

      2013年に「おおさわ催眠センター」を併設

      理  念:身体に現れる痛みや不調を身体の構造的な欠陥として診るのではなく、感情が

      身体にも適応する形で現れるという、身心相関関係に重点をおいて施術をして

      います。

      ◆市場の動向

       少子高齢化、団塊世代の大量退職、成果主義の導入、国際競争の激化、人員削減による負担の増大、経済状況の悪化など、近年、働く人々を取り巻く環境は大きく変化しています。こうした変化に伴い、仕事でストレスを感じている労働者の割合や、ストレスの内容も変化してきました。

       厚生労働省が5年に1回行っている「労働者健康状況調査」によれば、「仕事や職業生活でストレスを感じている」労働者の割合は、50.6%(1982年)、55.0%(1987年)、57.3%(1992年)、62.8%(1997年)、61.5%(2002年)、58.0%(2007年)、60.9%(2012年)と推移しており、今や働く人の約6割はストレスを感じながら仕事をしていると言えます。この割合を年代別に見てみると(2012年の調査結果)、58.2%(20歳代)、65.2%(30歳代)、64.6%(40歳代)、59.1%(50歳代)、46.9%(60歳以上)と推移しており、30歳代・40歳代のいわゆる働き盛り世代のストレスが高く、この傾向は男女ともに共通しています。

       ストレスの内容を具体的に見ると(2012年の調査結果)、人間関係(41.3%)が最も多く、仕事の質(33.1%)、仕事の量(30.3%)と続きます。これを男女別に見ると、男性では人間関係(35.2%)が最も多く、仕事の質(34.9%)、仕事の量(33.0%)と続くほか、会社の将来性(29.1%)や昇進、昇給の問題(23.2%)、定年後の仕事・老後の問題(22.4%)についても男性の3人から4人に1人の割合で訴えていることが分かります。一方、女性では人間関係(48.6%)でストレスを自覚している人が約半数を占め、続いて仕事の質(30.9%)、仕事の量(27.0%)と続いています。

      ●ストレスの初期症状

      ・胃がもたれる

      ・頭が重い

      ・目が疲れる

      ・肩こりがある

      ・背中や腰が痛い

      ・朝スッキリと起きられない

      ・立ちくらみがある

      ・夢をよく見る

      ・風邪が長引く、微熱が続く

      ・顔や体に湿疹が頻繁にみられる

      ●ストレスが慢性化した症状

      ・疲れやすい

      ・抗うつ気分が続く

      ・食欲不振や過食や拒食

      ・興味や喜びを感じなくなっている

      ・眠れない、または寝すぎてしまう

      ・考えて決断できない

      ・罪悪感をいつも感じている

      ・集中力がない

      ・気持ちが焦り、イライラする

      ・自殺を考える

      ​・女性の場合生理不順や無月経になる

       

      ◆顧客ニーズについて

      上記の厚生労働省の調査から、ストレスによって体調を悪くする人が多く、その対処法が求められているのは明らかです。また厚生労働省の別の調査では精神疾患により医療機関にかかっている患者数は、近年大幅に増加しており、平成26年は392万人、平成29年では400万人を超えています。これを見ると今後も増々心の健康について助けを求める人が増えると思われます。

       

      ◆当院の強み

      身体の痛みや不調を訴えて病院を訪れると、病院の検査では身体の構造的な欠陥を探すことに重きを置いているように思われます。その他の民間療法(整体・整骨・カイロプラクティック・鍼灸・マッサージ)でもやはり背骨の構造的な欠陥や筋肉の状態など、器質的な問題に重点を置いているとことがほとんどです。

       

      当院では心(感情)の状態が身体に現れるという心身相関関係に重きを置き、催眠療法を用いて心のケアを重要視しています。そのためにおおさわ催眠センターを併設しております。このように身体に対するアプローチではなく、心理面に対するアプローチで身体的な不調に取り組む施術院は流山、松戸、柏など近隣の施設ではごく少なく、あったとしてもアプローチの仕方はみな手技療法が中心で、催眠療法で施術をおこなうのは当院だけです。催眠療法は言葉による施術なのでオンライン施術でも高い効果が得られます。その為今のような外出禁止中でも出来ますし、天候にも左右されず、通うのが難しい遠方の人でも施術できる利点があります。

      *催眠状態の人は普段とは異なった方法で情報を処理し、それ以外の時には引き出せない能力にアクセスできるため、

       ・クライアントが治るために役に立つ新しい連想をすることができる。

       ・認知、行動、感情の柔軟性を高めることができる。

       ・経験による思い込みを柔軟に変えることができる。

       ・人が変化するのを助けることができる。

       ・自分の中の強みを見つけ出すことができる。

       ・病気や痛みを癒すことができる。

       ・創造性を促進することができる。などの特徴があります。

      *また催眠によるリラクゼーション状態は

       ・心拍数を低下させます。

       ・血圧を下げます。

       ・免疫力を高めて病気を癒します。

       ・痛みを感じにくくなります。

       ・不安、怒り、恐怖といった感情を落ち着けます。

       ・深い睡眠がとれるようになります。

       ・心と身体の緊張状態を和らげます。

       ・自律神経のアンバランスを整えます。

      ◆当院の方針

      身体に現れる不調の原因を器質的な問題に求めるのではなく、心のストレスに目を向け、催眠用法の技術を用いて心のケアをすることを重要視しています。

       

      ◆当院の目標

      身体的な面だけではなく、心のケアも望んでいるクライアントを助けるための施術院でありたいと思います。

       

      | sawasprit | おおさわ催眠センター案内 | 16:51 | - | - |
      おおさわ催眠センター【施設案内】
      0
        案内

        

        所在地:千葉県流山市南流山1−7−6 ドゥリエール202

         

        連絡先:04-7159-8422

        *上記の番号はおおさわ整体院と共通になります。施術中はお電話に出られませんのでご了承ください。

         

         

        平日9:00~12:00 14:00~19:00

        土・日・祝日は17:00までです

         

        定休日

        *水曜日(その他臨時休診あり)

         

        料金体系

        ・1セッション1時間で1,1000円(10,000+税)

        ・延長料金30分5,500円(5,000円+税)

         

         

         

        ●予約の取り方

         

        1、オンライン予約からご希望の日時をお選びください。

        2、連絡事項の欄に、来店希望かオンラインが希望かをご記入ください。来

          店希望でもZOONのURLが送られますが、無視してください。

        3、催眠療法は前払い制となっております。メールにて振込口座をお知らせします。

        4、ご入金が確認できましたら本予約となります。

        ●セッション当日

        1、来店の方は10分前からご入室できますので、少し時間に余裕をもってご来店ください。

        ​2、ご自宅でオンラインの催眠をご希望された方は、お時間になったらメールに送信したURLをクリックして待機してください。

         

        利用規約

        ・催眠療法は医療行為ではありません。症状の診断行為はできません。催眠療法を受ける前に、医師の診断を受け、器質的な問題がないか必ず確認してください。

         

        ・キャンセルは前日までにご連絡をいただければ全額返金致します。当日キャンセルは半額の返金。無断キャンセルの場合は返金致しません。

        ・お約束のお時間に間に合わなかった場合、日時の変更をお願いすることがあります。


        img.10

         

         

        プロフィール

        国際催眠連盟認定ヒプノセラピスト

        国際催眠連盟認定メディカルヒプノプラクティショナー

         

        はじめまして、大澤康典と申します。1970年6月2日生まれです。学生時代に野球や柔道といったスポーツをしていたこともあり、人間の身体に興味を持っていたので、26歳の時に整体の業界に入りました。34歳で独立し、それなりに結果をだしてきたつもりですが、人間の身体だけ良くしたのでは、完全な健康を手に入れられないことに気づき、いつしか心理的な問題も扱えるようになりたいと思うようになりました。そこで出会ったのが催眠療法でした。国際催眠連盟のメディカル&デンタル部門のチェアマンであるジェイミー・フェルドマン博士からアメリカの医療・歯科現場で行われている最新のメディカルヒプノセラピーを100時間以上かけて直接指導を受けました。私はメディカルヒプノセラピーの技術を習得したことで、心理的な問題を扱うことができるようになり、さらに一歩も二歩も進んだ施術を行えるようになりました。私自身がうつで1年間苦しんだ経験があるので、これからも一人でも多くのうつや不安で困っている方の助けになれるよう精進していきたいと思っております。

         

         

         

         

         

        | sawasprit | おおさわ催眠センター案内 | 16:54 | - | - |
        おおさわ催眠センター【催眠療法】
        0

          ●催眠療法とは

          皆さんはこんな経験したことないでしょうか?考え事をしていたらいつの間にか目的地を過ぎてしまっていた。仕事に没頭していたら名前を呼ばれても気づかなかった。趣味に没頭していたらいつの間にか数時間も過ぎていた。これらはすべて自発的な催眠現象です。人は一つのことに意識を集中すると、それ以外の事への関心が薄れていきます。現実の世界から離れて自分自身の内側のもう一つの世界にいるような状態、これが催眠状態です。あなたはすでに催眠状態を知っています。それをただ考え事をしていたとか、白昼夢を見ていたとか、物思いにふけっていたとか、空想の世界に浸っていたとか、違う言葉で知っていただけです。そしてこのような状態の時には暗示を受け入れやすい状態になるのです。この性質を利用して、療法として催眠を用いるものを催眠療法と呼んでいます。

           

          ●催眠は良い事でも悪い事でもありません。

          一流の料理人がよく切れる包丁で素晴らしい料理を作れば包丁は料理を作るための道具ですが、悪人がそれで人を傷つければ、包丁は人を傷つけるための道具になってしまいます。催眠も同じで、催眠は中立的なものであり、人の心や身体を癒すこともできれば、問題を悪化させることもできます。もちろん療法として催眠を使う私は前者のために催眠を使います。

          ●催眠はセラピーか?

          専門家の間でも色々な考え方があり論争があります。私が催眠を習ったマイケル・ヤプコの考え方は、催眠はツール(道具)であり、クライアントの中の新たな治療的な連想を刺激するための手段であるとしています。

          ●催眠が人を治すのか?

          催眠が人を治すのではなく、催眠状態の間に何が起きるのかによります。つまりクライアントの形作る新しい、役に立つ連想によって治るのです。

          ●なぜ催眠を使うのか

          1、催眠状態の人は普段とは異なった方法で情報を処理し、それ以外の時には引き出せない能力にアクセスできる。

          2、催眠が治療の結果を高めるという経験的、客観的な証拠がある。

          3、すべてのセラピーは暗示の利用を伴う。

          4、主観的な経験に洞察を提供することができる。

          5、経験を柔軟に変えることができる。

          ​6、認知・行動・感情の柔軟性を高めることができる。

          ●催眠についてのよくある誤解

          1、催眠は催眠家のパワーによって引き起こされる。

          2、自分の意志に反することを言ったりしたりしてします。

          3、催眠は依存を強化する。

          4、催眠の中で行き詰ってしまうことがありえる。

          5、催眠状態とは無意識状態である。

          6、催眠とは単なるリラクゼーションである。

          *いずれの答えもNOです。

          ●催眠療法士の資格について

          日本よりも欧米の方が催眠に関する研究は進んでいて、アメリカでは1958年に米国医師会が療法としての催眠を承認しています。しかし欧米でも日本でも国家資格はありません。催眠療法家が協会を結成し、催眠療法士 (hypnotherapist) を認定する仕組みが一般的です。最も歴史があり世界的にも最大の規模を誇る米国催眠士協会 (National Guild of Hypnotists, NGH)、アメリカでは米国催眠士協会に続く規模の米国催眠療法協会 (American Board of Hypnotherapy, ABH)、国際催眠連盟 (International Hypnosis Federation) などがあります。

          ●このような方は催眠療法をお断りしています。

          1、あきらかな精神病

          2、自傷行為を繰り返す精神状態の方

          3、アルコール依存と薬物依存

          4、ボーダーラインと呼ばれる精神状態の方

          5、本来は医療で解決すべき問題の方

          *これらは心理学や医学の専門家である医師、精神科医、公認心理士などを受診しなくてはなりません。

          ​また、6つ目として非現実的な期待をかけている方もお断りします。催眠は魔法では御座いませんのでお役に立てません。

          140928_1735~01
          ●マイケル・ヤプコ博士は世界で唯一、ミルトン・エリクソン財団、アメリカ心理学会、国際催眠学会、アメリカ臨床催眠学会の全協会から最高勲章を受賞しています。鬱病へのアプローチにおける心理学およびヒプノセラピー分野の世界的リーダーの一人です。私はマイケル・ヤプコ博士から50時間の集中トレーニングを受けています。

          | sawasprit | おおさわ催眠センター案内 | 16:55 | - | - |
          おおさわ催眠センター【セラピー種類】
          0

            当センターでは、第1回目のセッションで、どのような問題の方にも、まず自己催眠によるリラクゼーションのやり方を覚えてもらいます。

             

            ハーバート・ベンソン著「リラクセーション反応」には以下のように記述してあります。『自己催眠によるリラクゼーション反応は、副交感神経系を活性化し、ストレスがらみのコルチゾールを減少させ、呼吸数や心拍数や代謝率を低下させ、脳の血流を増やし、左脳前頭前野の活動を高め(幸福な人はこの部分が活発に活動している)、免疫力を強化し、リラクゼーション状態に導く。更に、自己催眠は痛みや仕事のストレス、不安、抑うつを緩和し、循環器系の健康を促し、認知機能を向上させ、血圧を下げ、アルコールへの依存を弱め、寿命を延ばし、体重管理を助け、緊張性頭痛や喘息を緩和し、糖尿病患者の血糖値をコントロールし、月経前症候群の症状や慢性疼痛を和らげ、免疫機能を増進し、生活の質を向上させます。

            自己催眠によるリラクゼーション反応が効果を示す症状のリスト

            狭心症・不整脈・アレルギー性皮膚炎・不安・軽度から中程度の抑うつ・気管支喘息・単純ヘルペス・咳・便秘・糖尿病・十二指腸潰瘍・めまい・疲労感・高血圧・不妊症・不眠症・妊娠中の悪心や嘔吐・イライラ・術後の腫れ・月経前症候群・リウマチ性関節炎・がん治療の副作用・エイズ治療の副作用・あらゆる痛み(腰痛・頭痛・腹痛・筋肉痛・関節痛・術後の疼痛・首や腕や脚の痛み

            自己催眠によるリラクゼーション反応を習慣的に誘発すれば、ストレスが身体に与えるダメージを防いだり修復したりでき、さらには病気を予防したり、場合によっては治すこともできるのです。』

             

            パーツセラピー

            人は誰でも様々な側面を持っています。親切で優しい部分もあれば、意地悪で冷たい部分もあったり、大人っぽくてしっかりとした部分もあれば、子供っぽくてわがまなな部分もあったりします。

             

            パーツセラピーでは、それらの側面を1人の人格として扱います。それらのパーツの中には表面的には悪い行動を起こしているように見えるパーツもありますが、悪い部分というものは一つもありません。どのパーツの行動にもその裏には肯定的な意図があって、その人のために最善のことをしていると思っています。私たちは自分の嫌いな面は押さえつけたり排除してしまおうとしてしまいますが、それらのパーツはみんなエネルギーを持っていますので、それらを押さえつけようとすることは、圧力釜に蓋をするようなもので、エネルギーの逃げ場を作ってあげないと、いずれは爆発してしまうのです。その状態が、何かとんでもない行動だったり、うつ状態だったり、病気だったりするのです。

             

            パーツセラピーでは、これらのパーツを排除することが目的ではなく、これらのパーツにもっと役に立つような新しい役割を与えていこうとするものです。このパーツセラピーは、問題の根本原因を突き止めることができるため、とても効果のあるモダリティーの一つです。多くの場合、1回のセッションで変化を起こすことができます。

             

            アイ・ムーブメントセラピー

            アイ・ムーブメントセラピー(EMT)は、心的外傷後ストレス症候群、うつ、依存症、病的恐怖心、自尊心の問題を含む、感情的や精神的に問題を抱えている100万人以上の人に対して効果のあった、画期的な療法です。

             

            アイ・ムーブメントセラピーは、複数の精神療法アプローチの優れた要素を統合し、そして脳の情報処理システムを刺激し眼球運動と組み合わせる、統合的な精神療法の方法の一つです。この双方からの刺激は、ブロックになっている精神的や感情的なパターンを打破させ、そしてもっと適応能力があり柔軟な(脳の情報処理)活動ができるようにサポートします。この双方からの刺激の代用として眼球運動を鈍化させる療法(EMDR)が開発されたことがはじまり、年月をかけて他の療法へと発展していきました。アイ・ムーブメントセラピーは、EMDRに似ており、無意識に働きかける広範囲な原理に基づくものです。

             

            いくつかの対象試験によって、アイ・ムーブメントセラピーが、これまで行われてきたトラウマ治療方法の中で、一番徹底的に研究された治療介入で、効果があることが裏付けられています。レイプや戦闘、愛する人との死別や離別や事故、そして自然災害などに苦しむ人たちを対象とした最新の研究では、たった3回のセッション後に84〜90%の心的外傷後ストレス症候群の治療ができたと報告されています。たとえその効果はゆっくりであったとしても、劇的な結果につながっています。アイ・ムーブメントセラピーは、個々の適切な割合と状況に沿って変化していくのをサポートするよう構成されています。

            セラピューティック催眠

            病気やけがに特化したイメージ療法です。イメージの力を使って人間が本来持っている能力である自己治癒力を高めていきます。癌に対するサイモントン療法や、安産のためのヒプノバースなどがあります。

             

            ヒプノバース

            本来、出産は自然で楽なことなのです。ですが、恐れや不安があると痛みが強くなるのです。出産は痛くて辛いものだと刷り込まれていると余計に痛くなるのです。

             

            恐れや不安を感じると、筋肉は緊張します。身体が固い人がストレッチで無理やり押されると痛いですが、子宮や産道も筋肉でできているので、恐れや不安を感じると、硬く緊張してしまうのです。それが無理や押し広げられれば同然痛みは強くなります。それにはリラックスが必要ですが、リラックスしろと言われてもできないものです。でも自己催眠を使えば出産の場面でもすぐにリラックスができるようになり、痛みのない楽な出産ができるようになります。また無理なく生まれてきた赤ちゃんはIQが高くなるという研究結果もあります。

             

             

            ACTセラピーカウンセリング

            ACTは世界最前線の科学も注目する「マインドフルネス」の汎用性活かし、幸福を実現するための新たな臨床科学です。従来の心理モデル、セラピーでは、「”問題/苦悩/ネガティブな感情”をどのように管理/対処するか?どのように克服するか(打ち勝つか)?」にメイン・フォーカスが当たっていたのに対し、ACTにおいては「”問題/苦悩/ネガティブな感情”は生きている以上あって当たり前。それらを解決/管理/対処することを手放し、受け入れる。しかしながら、その姿勢こそが変化へのパワーを生む」という、ダイナミックな矛盾に基づいたアプローチをとります。そして、「苦悩/問題を抱えたままでも”高次の価値”、”自分が人生で本当に実現したいこと”を発見・強化し、行動していく「コミットメント」の姿勢を持つことで、私達は誰でも幸福になれる」という哲学に基づき、「価値の発見」「行動」のための介入を行います。

             

             

            効果・効能
            *催眠療法は医療行為ではございません。診断行為はできませんので事前に医師による診察を受けてください。
            *催眠療法は個人差があります。必ず治るというものではございません。あくまで期待ができるという範囲内での効果・効能となります。

             

            ・問題があって行き詰っている。

             

            ​・心の中で2つの異なる感情が葛藤している。

            ・もっと自分に自信を持ちたい。

            ・はっきりNOと言いたい。

            ・人前で緊張しすぎる。

            ・問題行動を自分の望む行動に変えたい。

            ​・夜ぐっすり眠りたい。

             

            ・スポーツや勉強でいい成績を残したい。

            ・自分の感情にもっと上手く付き合いたい。

            ・異性に対してもっと積極的になりたい。

            ・過去のトラウマを解決したい。

            ・生き辛さを感じている。​

            ・なりたい自分になる。

            ​・もっと生き生き過ごしたい。

            6490bf_9ee0a4c5353f468ea7716eba40c5de56.jpg

            ●ジェイミー・フェルドマン博士は『臨床ヒプノセラピー』の分野で博士号を保持されている催眠療法家です。重度のトラウマや精神疾患のクライアントの臨床経験が30年以上にも渡る実力派です。パーツセラピーのパイオニアであり、IHF(国際催眠連盟)のメディカル・デンタル部門のチーフディレクターでり、同連盟からから2001〜2005毎年賞を授与されています。私は3年にわたりジェイミー・フェルドマン博士から100時間を超えるトレーニングを受けています。

             

             

             

             

             

            | sawasprit | おおさわ催眠センター案内 | 16:57 | - | - |
            おおさわ催眠センター【メディカルヒプノセラピー】
            0

              もし、あなたが1日の大半を抗うつ感や強い不安に苦しんでいたり、原因不明の慢性的な痛みで、新しい対処法を求めているのなら、催眠療法にかけてみてください。大丈夫!あなたはきっと良くなります。

               

              催眠は、心理療法としてばかりでなく、医療の分野でも安全な補助テクニックとして認められている。第一次、第二次世界大戦、朝鮮戦争時代に、催眠はペインコントロールと心の病を癒す手段として使用され、その後医学の分野では催眠を応用しようという興味が次第に高まっていきました。そして1958年、米国医師会が療法としての催眠を承認しました。

              ●メディカルヒプノセラピーが扱うもの

              ​*手術の準備

              ある文献によると、手術の準備をしていた患者は(しなかった患者に比べ)、痛みの軽減、合併症の発生率の低さ、回復の早さにおいて、全て上回る結果であったと報告されています。催眠のテクニックを使うことにより、手術に対する不安な気持ちを軽減し、体内の免疫システムを強化できます。

              ​*慢性的な痛みの対処

              多くの人が経験するような良くある肩こりや腰痛といった痛みも、催眠を用いて緩和することができます。リラクゼーションを伴う催眠のテクニックで、痛みを予防し、緩和し、最小限に留めるのです。このテクニックは潜在意識に働きかけ、その痛みのシグナルを痛み(またはプレッシャー)以外の何かに置き換えて認識させるか、その感覚(しばしば心因性の痛みを伴って起こる感覚)をなくすように誘導します。恐怖心、緊張、不安といった慢性的な痛みから生じる問題を和らげ、リラックスした状態を作り出すことで、体内で自然な麻酔として作用するエンドルフィンの流れを促進し、痛みを軽減します。

              ​*催眠出産(ヒプノバース)

              催眠出産(ヒプノバース)は英国王室のキャサリン妃やミランダ・カーなど、欧米の芸能人やセレブが自分の出産の際に取り入れていたことが日本でも話題になったのでご存じの方も多いかと思います。母親が自信を持ち、自ら心身をコントロールできると感じながら、リラックスした楽しい出産経験をもたらします。催眠により、妊娠から出産の期間において生じるつわりや、身体の変化からくるあらゆる不快感を軽減します。本来、極度の痛みは出産において自然なことではないのです。母親の4人に1人は麻酔薬を全く使わずに赤ちゃんを産んでいます。催眠によるその他のメリットとしては、子宮収縮のコントロールがしやすくなる、疲れにくい、痛みの限界点を下げる、薬に頼る機会をより少なくすることで母親と赤ちゃんにとってより早い元気の回復が見込めるなどです。母親になる準備のための催眠セッション(全6回)には、麻酔(無痛)、自己催眠、深いリラクゼーション、呼吸法、そしてパワフルな最終結果の暗示、全ての経験を良いものにするためのイメージングが含まれます。

               

              催眠の使用は、初産の女性は、3か月か4か月経ったら、経産婦は5か月か6か月過ぎてから始めるといいでしょう。

              ​*歯科治療

              歯の治療における不快な経験も催眠で変えることができます。歯科医師によって治療されている間も快適でいられるのです。催眠によって、恐怖心、緊張、不安、起こり得る痛み、治療にまつわる不快感を取り除くことができます。歯科矯正や人工装具(ブリッジや入れ歯など)も何の問題もなく調整できます。吐き気や息が詰まるような反応も防ぎます。治療後の不必要な出血や腫れもコントロールします。歯ぎしり(噛み合わせ)も改善します。顎関節の不具合はよく頭痛やあごの痛みを引き起こしますが、この問題も催眠で十分に対処できるのです。

              ​*過敏性腸症候群

              過敏性腸症候群は、風邪の次に病院で患者が多く診察を受ける症状と言われています。消化器官には腸の神経系である、自らの脳があります。頭の脳からの指令なしに反射行動を考えることが出来、また同時に頭の脳へと継続的にメッセージをおくっています。例えば、あなたがストレスを感じると、この「腸の脳」もそのストレスを感じ取ることがあります。そして、消化器官にとどまっている不快感が、頭の脳にストレスを与えるのです。催眠のヒーリングテクニックでは2〜6回のセッションの中で、過敏性腸症候群を引き起こしている腸の無意識な反応を抑制する施術を行います。この新たな方法は成功している事例の中でも革新的です。

              ​*ガン患者に対して

              吐き気や疲労といった化学療法の副作用を覆すには、イメージングが重要な役割を果たします。このプロセスによって、免疫反応を高めたり、恐怖心を最小限に抑えたり、希望を膨らますことができます。治療がとても穏やかで自信に満ち溢れた状態で行われている様子をイメージします。

              *高血圧

              医者にかかりながらも、自ら身体のためにできることは沢山あります。催眠は、血圧を下げる薬を飲むよりも、血圧を低めに保ったまま、より安定した状態が長く続くようにします。催眠の副作用にネガティブな要素はなくメリットしかありません。医療費にかかる出費を抑え、

              身体にも優しく、患者自らが身体をコントロールする感覚を呼び起こし、薬に頼らずに健康的であると実感できます。イメージングによってもたらされるリラクゼーションと喜びの感覚が、不安を取り除きながら、心拍や動脈収縮を調整します。催眠は高血圧の症状にも対処が可能なのです。

              ​*頭痛

              催眠では、緊張性頭痛と偏頭痛の両タイプの頭痛を取り扱うことができます。筋肉の緊張が引き起こす緊張性頭痛は、血管の壁の中で筋肉が緊張と収縮を行うと、頭痛を起こして苦痛となります。しかし、血液からセロトニンが分泌されることで、血管は正常に戻り、筋肉も柔軟に動くようになります。催眠の深いリラクゼーションがセロトニンの分泌を刺激して痛みを鎮めるのです。催眠を活用すれば、不快な感覚を持った時には何時でもほぼ自動的にリラックスした反応を呼び起こすことができます。

              *不眠症

              なかなか寝付けない、深く眠れないといった場合も催眠が効果的です。忙しかった日の緊張や不安を夜まで引きずってしまう時、また身体的に痛みや不快感がある時は、睡眠が上手く取れないものです。催眠によるコンディショニングで、いつもの睡眠パターンを回復させ、ぐっすり眠れる状態を取り戻すのです。

               

              その他メディカルヒプノセラピーでよく扱うもの

              ・めまい、耳鳴り

              ・軽度のうつ

              ・パニック

              ・性的トラウマ

              ・アレルギー(花粉症・喘息etc)

              ・火傷の早期回復

              ・歯ぎしり

              ・お漏らし

              ・あがり症

              ・様々な恐怖症

              ・様々な依存症

              ・禁煙

              ・ダイエット

              etc

               

              催眠の無痛感覚を、医療の補助として利用することができます。その例としては、無痛分娩、手術で使う麻酔量を減らす、痛みや慢性症状を一時的にしのぐ、身体の局部的な痛みをコントロールする、などがあります。暗示には、脳に伝達される「痛み」のメッセージの解釈を変える力があります。私たちの脳はエンドルフィンという鎮静物質を分泌しています。これは人間の肉体に生まれつき備わっている防衛システムです。催眠によってエンドルフィンが分泌され、自然な麻酔状態を作る作用は実際に証明されています。催眠中は潜在意識との直接のコミュニケーションが可能になるので、クライアントの自然治癒力に働きかけることができるのです。

               

              ●以下のトレーニングを終了しています。

              ​・様々な痛みの軽減

              ・怪我の早期回復

              ・出血のコントロール

              ・免疫機能の向上

              ・心身のリラクゼーション

              ・ガン患者の痛みや吐き気を和らげる

              ・ガン患者の放射線治療や化学療法による副作用を抑える

              ・ガン患者の不安や恐怖心を減らす

              ・ガン患者が自信を取り戻し、自己イメージを改善する

              ・妊婦のつわりを軽減する

              ・出産を楽にする

              ・女性の生理痛を和らげる

              ・女性の生理不順を改善する

              ・不妊の問題

              ・性的トラウマ

              ・男性のED,早漏の問題

              ・火傷の早期回復

              ・外科手術の心と体の準備

              ・外科手術の麻酔薬の使用を減らす

              ・外科手術後の早期回復

              ・下痢、便秘など消化器系の問題

              ・血圧を下げる

              ・ダイエット

              ・禁煙

              ・花粉症などアレルギーの問題

              ・おねしょ

              ・あがり症

              ・不眠の問題

              ・憂鬱感、不安感、憤怒などの感情の取り扱い

              ・集中力の向上

              ・自己肯定感の向上

              ・罪悪感の問題

              ・様々な恐怖症の克服

              ・過去の心の傷を癒す

               

              | sawasprit | おおさわ催眠センター案内 | 16:58 | - | - |
              おおさわ催眠センター【子供と催眠】
              0

                子供は大人よりもずっと催眠に入りやすく、8〜12歳がそのピークです。大人は催眠中に目を閉じていることを好みますが、多くの子供は催眠中も目を開けたままを好み、また、歩くことを好む子供たちもいます。

                 

                ●子供の痛み

                子供が痛みを感じるときは、彼らは何が起こっているか理解できないかもしれない。このため、不安により、痛みがより複雑になるかもしれない。年齢にあった、適切で思慮深い説明と共に、催眠療法を行うことで、痛みの軽減へとつなげることができる。深刻で慢性的な痛みの場合には、他の医療専門家と共に協力体制を組み、治療を行うことを望む場合もあります。

                ●不安障害

                分離不安において、催眠は、ファミリーガイダンス、心理療法、そして時には投薬などを含む包括的アプローチを補完することができる。分離不安にある時、子供の内面で両親を表象してもらうことにより、その子の不安を軽減することができる。反応性不安(ストレスに直接的に関連する不安)の場合は、催眠は主要な治療選択となり、それ以上の治療は不要となるかもしれない。

                ●強迫性障害

                認知行動療法は、大人同様に、強迫性障害を持つ子供や思春期の子供たちにも助けとなる。催眠療法は補助的な治療となり得る。

                ●AD/HD注意欠陥多動性障害

                この症状の治療は、両親のトレーニング、薬の処方、教育的介入、精神(心理)療法、そして支援グループなどが含まれる。催眠は、自尊心、不安、集中力などの改善を通してこれらの治療を補うことができる。

                ●行動障害

                子供や思春期の子を治療しているとき、両親や学校がゴールとすることと、その子たちが抱くゴールが、異なるかもしれない。そのような状況では、コントロールという問題が際立ってくるかもしれない。そのような状況で催眠療法を使う時は、子供たちがやりたくない事をするために催眠療法を使おうとはせずに、子供が達成したいと思う、ポジティブな事柄に集中できるように手助けするために催眠を使います。催眠は、子供や思春期の子が、彼ら自信が創造的な解決法を考えることを促し、反抗的な状態から抜け出る手助けをする。

                | sawasprit | おおさわ催眠センター案内 | 16:59 | - | - |
                おおさわ催眠センター【体験談】
                0

                  ●催眠療法 成人女性 60代

                  Q1どのようなことで悩んでいましたか?

                  いつも心や愛情を大切に思って生活をしていますが、それが自分の力ではどうにもならない時に落ち込んでしまいましたが、私は幸運にも大澤先生のお話を聞かせていただいてとても心が温かくパワーをいただいて考え方が変わりました。心より感謝いたします。

                  Q2何がきっかけで当店を知りましたか?

                  息子と主人がいつも元気な私が落ち込んでいるのを心配して色々調べてくれ、神業の素晴らしい先生がいるということを聞いてすぐ連れて行ってくれました。私も最初に大澤先生のお顔を拝見しただけで素晴らしい先生にお会いできたと感謝の気持ちになりました。

                  Q3何が決め手となって来店しましたか?

                  息子は私に元気になってもらいたくて必死に色々な方法で調べてくれたみたいで、評判でみんながとても大澤先生に見てもらって元気になったのを聞いて、私も楽しみでした。結果は予想以上でした。

                  Q4実際に利用された率直な感想をお聞かせください。

                  ​私はいつも良かれと思ってしていたことが自分のワガママだと先生のお話で気が付きました。自分の思い通りにいかないと相手のせいにしていました。白黒はっきりさせないでグレーでもいいともっともっと柔らかい優しさや穏やかさ、現実をしっかり受け止めることを思い心が温かくなりました。

                  ●催眠療法 保育園児 男児

                  主訴:

                  医療催眠療法は子供でも受けることができますでしょうか?

                  保育園年長クラスの男の子なのですが、発表会や参観日等、毎回泣いてしまいます。

                  その行事自体が嫌いなわけではなく、緊張が強いようです。

                  その後にいただいたメール

                  こんばんは。

                  本日はありがとうございました。

                   

                  医療催眠、どんなふうにかかるのだろうとイメージがつかずにおりましたが、横で見ていてもとても不思議な感覚でした!

                  普段はああいったシーンでふざけてしまうことの多い●●●が、ずっと目を閉じて、先生のおっしゃることをイメージできている様子だったことに本当に驚きました。

                  帰りの車の中でも、親指と人差し指をくっつけて深呼吸、を練習していました。

                  夜寝る前にもう一度聞いてみると「雲が来て、●●●の緊張する気持ちを吸い取ってくれる」と答えていました。

                  こんばんは。

                  先日はありがとうございました。

                  普段●●●は、お世辞にも集中力があるとは言えない様子なので

                  大澤先生にそう言っていただけて嬉しく思います。

                   

                  先週土曜日に空手の審査会がありました。

                  結論から申し上げますと、無事に泣かずに審査を受けることができました。

                  私は都合で会場に行くことができなかったのですが、

                  主人が撮影したビデオを観る限り、今にも泣き出しそうだった前回とは違い

                  表情も良く落ち着いていたように思えました。

                  本人に「雲を呼んでみた?」と聞くと「呼ぶ必要がなかったから呼ばなかった」とのことでした。

                   

                  ですが、先週に入学予定の小学校で就学時検診があったのですが

                  会場に入る前に「右手の人差し指と親指を合わせて、目をつぶって深呼吸2回」を

                  自分からやってから会場に入って行きました。

                  その後、親子別れて子供のみで検診を受けたのですが、落ち着いて受けることができたようです。

                  本人の中で、緊張を和らげる方法として定着しつつあるのかなぁと思っております。

                   

                  来月、保育園のクリスマス会で劇をすることになっており、

                  ●●●の苦手とする場面そのものという感じなのですが

                  もう一度伺ったほうがよろしいものなのでしょうか?

                   

                  また、前回頂いたメールの

                  「親が知らず知らずのうちにマイナスの暗示を与えてしまっている」というお話、

                  大変勉強になりました。

                  緊張してしまうこと意外でも子供たちに話をしたり注意をしたりするときに

                  してほしくないことではなく、してほしいことを言うように私自身も心がけているところです。

                   

                  無事に空手の審査を受けることができ、本人も自信になったと思いますし

                  私もこの件での●●●への関わり方を教えていただき、とても感謝しております。

                   

                  ご報告とお礼まで。

                  | sawasprit | おおさわ催眠センター案内 | 17:00 | - | - |
                  おおさわ催眠センター【オンライン予約】
                  0

                    〕縮鵑垢襯椒織鵑鬟リックしてください。

                    ⇒縮鵐據璽犬帽圓ましたらご希望のコースを選び、空いている時間帯でご予約ください。

                    その時点ではまだ予約確定では御座いません。こちらから指定口座の情報を送ります。入金が確認できた時点で予約確定となります(手数料はお客様負担)。

                    ​利用規約

                    *キャンセルは当日の4時間前まで受け付け、全額返金致します(手数料はお客様負担)。それを過ぎた場合は半額返金。無断でのキャンセルにつきましては全額返金したしません。

                    ​*2回連続でキャンセルが続いた場合は、その後の予約を受け付けることはお断りいたします。

                    ​*クライアント様の都合で開始時間に間に合わなかった場合はセッション時間を短縮したり、別の日時に変更していただくことが御座います。

                     

                    下記をクリックしてください

                     

                    | sawasprit | おおさわ催眠センター案内 | 17:01 | - | - |
                      12345
                    6789101112
                    13141516171819
                    20212223242526
                    27282930   
                    << September 2020 >>
                    + SELECTED ENTRIES
                    + CATEGORIES
                    + ARCHIVES
                    + お知らせ
                    案内

                    屋号:おおさわ催眠センター

                    

                    所在地:千葉県流山市南流山1−7−6 ドゥリエール202

                    連絡先:04-7159-8422

                    *上記の番号はおおさわ整体院と共通になります。施術中はお電話に出られませんのでご了承ください。

                    *お知らせ

                    ・7月は通常営業です。

                    ・オンライン(ZOON/SKYPE)による催眠セッション始めました。ご自宅で催眠セッションができます。

                    ・初回30分を上限として、オンラインによる無料の質疑応答をおこなっております。催眠セッションに不安のある方はまずはビデオ通話でお話ししませんか。

                    *コロナ対策について

                    1、施術の戦後はアルコール消毒液にて手を消毒しています。

                    2、定期的に部屋の換気をおこなっています。

                    3、お一人づつの施術のため、他の人と接触することはありません。

                    4、毎朝体温を測り、施術者の健康管理に気を付けています。

                    + チャット

                    *チャットでもお問い合わせできます。

                    ・SKYPE ID:oosawaseitaiin

                    ・Chatwork ID:osawahypno

                    ・LINEはQRコードをタップしてください

                    + MOBILE
                    qrcode
                    + LINKS
                    + PROFILE