催眠療法士の日記

催眠療法や心理療法、スピリチュアルなこと、心と身体の関係についてなどを発信していきたいと思います。
乳がんの方にパーツセラピーを行いました。
0

    乳がんの50代女性にパーツセラピーを行いました。この方は、2,3年前だったと思いますが、一度がん治療を終えたのですが、再発してしまいました。身体の痛みや病気は、身体からのメッセージという私の考えを説明し、受けてみたいということでやりました。

     

    催眠療法といっても色々やり方があって、暗示療法とか、インナーチャイルド療法とか、前世療法とかあるんですが、パーツセラピーというのは催眠療法のやり方の一つです。私はアドバンス・パーツセラピーの開発者の一人であるジェイミー・フェルドマン博士より直接教わりました。私たちって誰でも色々な側面があるものです。普段みんなでいるときはとても明るい性格なのに、一人でいるときはとても暗い性格だったり、普段はとても活発な人なのに、ある場面ではとても引っ込み思案になったり、普段はとても怖い人なのに、ペットの犬の前では急に赤ちゃん言葉になったりします。

     

    このようなものをサブパーソナリティー(副人格)と呼びます。これら副人格というものは、表向きはその人の役には立っていないように思われる副人格もありますが、どのパーツも必ず肯定的な意図というものを持っていて、その人にとって最善のことをしていると思っているのです。

     

    パーツセラピーではこれらのパーツが生まれた期限まで遡り、未解決になっている感情を癒し、役に立っていない行動を手放してもらい、新しい行動を与えていきます。

     

    この方のケースでは、この方を癌にさせているパーツに出え来てもらい、肯定的な意図を聞き、原因となった期限まで遡り、癒しを行い、新しい行動を与えました。

     

    この方は自分の感情を押し殺すタイプの人でしたが、過去の期限まで遡った時は、涙が止まりませんでした。パーツセラピーのワークでは、従来のインナーチャイルドワークのように、根掘り葉掘り聞くようなことはしません。その人が分かれば、私は分からなくてもいいのです。だから私にはそこで何が起きたのかはしりませんが、その人は分かったようでした。私はそこで子供の頃の自分を癒してもらい、癌にさせているパーツに今の行動を手放してくれるように頼んだところ、そのパーツは承諾してくれました。そして新しい行動として、健康な体にするよう頼んだところ、それも承諾してくれました。そしてこの行動をすることに反対するパーツがあるかどうか調べたところ、そのようなパーツもなかったので、催眠状態から出てもらい、その日のセッションを終了しました。その方は、自然と涙が出て止まらなかったことにとても驚いていました。催眠状態になれないと思っていたようです。

     

    その数週間後、メールをいただいたのでご紹介したいと思います。

    「先生、こんばんは。色々とアドバイスありがとうございました。ガンマナイフ治療何事もなく、終わりました。おかげさまで、悪いものはありませんでした。第一関門突破。自己暗示をかけながら、第二関門通過します。また、宜しくお願い致します。」

     

    「ガンマを受けている時、左脇が、軽くズキッとしていて、その時なぜだか、私の役目は終わったよ〜と言っているように感じたんです。本当にそうなるよう、意識を持っていこうと思います。」

     

    癌にさせているパーツのメッセージが分かれば、もうそのパーツはその行動を行う必要がなくなるんですね。このまま良くなってくれると私も信じています。

     

    また、癌に対して間違って刷り込まれた情報、癌になると死んでしまうとか、癌とは戦って一つ残らずなくさなければならないとか、マスコミや人に聞いた話などで潜在意識に刷り込まれたものを見なおすこともしました。(テレビなどでは毎日のように健康番組をやっていますが、私は病気に対して詳しくなりすぎるのはよくないことだと思っています。なぜなのかは潜在意識の特徴が分かれば理解できます。潜在意識は現実と想像の理解ができないんです。)このような信念は治癒を邪魔してしまいます。治療不可能と言われても、奇跡的に治るケースはありますし、癌細胞自体はどんな人でも毎日3,000〜5,000個のガン細胞が作られているんです。癌が悪いのではなく、免疫機構とのバランスの問題なんです。

     

    あとちゃんと治療をすることも必要ですよ。

    | sawasprit | スピリチュアル | 17:14 | - | - |
    がん患者さんへのパーツセラピー
    0

      先日、がん患者さんにパーツセラピーを行いました。

       

      ちょっとパーツセラピーについてお話します。私たちには色々な側面があります。穏やかな部分もあれば、攻撃的な部分もあったり、明るい面もあれば、暗い面もあったりします。そして一見あまり役に立っているように思えないようなパーツも、本当はその人にとって最善の事をしていると思っています。

       

      西洋医学では、病気というのは身体のどこかが悪いものという考えですが、私はそれとは別に、病気や痛みは、身体からのメッセージだと思っています。何か肯定的な意図があって、病気を作り出しているんだと思うんです。がんというのはインフルエンザにかかるように病気になるわけではないんですね。自分の身体がそうするんです。そのには何意味があるんじゃないでしょうか?

       

      どうしてこうなってしまったのかを考えるよりも、それが何のメッセージなのかを分かり、この経験を通して何に気づきかの方が大切だと思います。

       

      私はその方を催眠状態にして、がんにさせているパーツに出てきてもらいました。そしてこのがんの意味を聞いてみると、気持ちを抑え込まないでほしいということでした。そしてその期限まで退行催眠でさかのぼってみると、小学生の頃に戻りました。普通の退行催眠だと、そこで根掘り葉掘り聞くのですが、パーツセラピーではその人自身が分かっていればいいので、そこまで立ち入りません。私はそこで、子供のころの自分を抱きしめてもらい、今まで気づいてやれなかったことを謝り、これからは守っていくよと伝えてもらいました。

       

      その人は普段決して自分の弱みは見せないようにする人なのですが、その時は涙が止まらなかったようです。私はがんのパーツに、その人をがんにさせる役割をやめてもらい、これからはその人の身体を健康にしてくれるよう頼みました。そのパーツはその提案を受け入れてくれました。

       

      終わった後、その人は自分でもこんなに涙が止まらなかったことにびっくりしたと言っていました。でもその顔を見ると、来た時とは別人のようにすっきりしていました。

       

      来年から治療が始まるようですが、きっと大丈夫でしょう。潜在意識からのメッセージをちゃんと受け止めたのですから、もうがんにさせる必要はなくなったんです。

      | sawasprit | スピリチュアル | 23:23 | - | - |
      病気は身体からの大切なメッセージ
      0

        私は小学2年生の時転校生でした。

         

        その小学校で少し意地悪され、なかなか馴染めずにいました。

         

        でも、そのことを親に言うと、子供心に余計な心配をかけるような気がしたし、自分が弱い人間のような気がしたので、誰にも言えずにいました。

         

        そのうち、私は朝学校に行く時間になると、高熱を出すようになりました。母親が学校に休むことを電話で伝えると、熱が下がりました。

         

        私の潜在意識は、子供の私に熱を出させることで、私を守ってくれようとしていたんですね。

         

        体の痛みや病気には、必ず意味があると思うんです。潜在意識が、何かを伝えようとしてくれているのかもしれません。

         

        先日、ガンが再発した人がいました。この人は、とてもいい人で、自分の気持ちを抑えてでも、人に気を使うような性格の人なんですね。

         

        子供や親を心配させないように、まだそのことを言えないようです。「こんな時、思いっきり泣けたら楽なんだけどなぁ」と言いました。

         

        私には、その人の潜在意識が、「もっと自分の気持ちを大切にして」と言っているように思えました。その人は、頭痛や、脚のしびれ、アレルギーや、たまに気分の落ち込みもある人でした。

         

        潜在意識は、初めは小声で訴えてきます。それでも気づいてくれないと、大きな声で訴えてきます。それが今回の再発なんじゃないかと、私は思うんです。癌にさせてまでも気づいてもらいたかったんだと思います。

         

        癌はインフルエンザのように感染してなるわけではありません。自分で作り出したものなんです。

         

        私は、身体に痛みや不調がある時は、一人静かな所に行き、呼吸を整えてから、自分の内面と会話をします。「あなたは私を病気にしてまでも伝えたいことはなんですか?」と。

         

        潜在意識のメッセージを受け止め、押し込んでいた感情を適切に解放できると、不思議と良くなります。

         

        病気は敵ではありません。何か大切なことを教えようとしてくれているんです。私はそう思うんですね。

        | sawasprit | スピリチュアル | 16:21 | - | - |
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>
        + SELECTED ENTRIES
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + フリー1
        + フリー2
        + MOBILE
        qrcode
        + PROFILE