催眠療法士の日記

催眠療法や心理療法、スピリチュアルなこと、心と身体の関係についてなどを発信していきたいと思います。
私の身に起こることはベストなタイミングで起こる
0

    昨日良寛さんについて書いたので今日はもう一つ私が好きな良寛さんの詩をご紹介したいと思います。

     

    お前はお前で丁度よい
    顔も身体も名前も姓も
    お前にそれは丁度よい
    貧も富も親も子も
    息子の嫁もその孫も
    それはお前に丁度よい
    幸も不幸もよろこびも
    悲しみさえも丁度よい
    歩いたお前の人生は 
    悪くもなければ良くもない
    お前にとって丁度よい
    地獄に行こうと極楽に行こうと
    行ったところが丁度よい
    うぬぼれる要もなく卑下する要もない
    上もなければ下もない
    死ぬ月日さえも丁度よい
    仏様と二人連の人生
    丁度よくないはずがない
    丁度よいのだと聞こえた時
    憶念の信が生まれます
    南無阿弥陀仏

     

    私たちの身に起こることは全て必然でちょうどよいタイミングで起こるんだと思います。

     

    今のコロナの問題も、今の全人類にとって丁度いいタイミングで起こっているんでしょうね。

     

    この問題が終息した後は、日本だけでなく、前世界が一つ上の段階にいくんじゃないかと思ってます。

    | sawasprit | プライベート日記 | 16:33 | - | - |
    良寛さんに学ぶ
    0

      災難にあう時節には、災難にてあうがよく候。死ぬる時節には、死ぬがよく候。是はこれ、災難をのがるる妙法にて候

       

      災難に逢った時は災難に逢うのがよいのでしょう。死ぬ時には死ぬのがよいのでしょう。これは災難を逃れる妙法です。

       

      良寛さんは江戸時代の禅宗のお坊さんです。この句は当時大きな震災にあって苦しんでいた人に詠んだ句だったと思います。一瞬ドキッとするような言葉ですが、私はこの言葉に救われています。(ちなみに私の座右の銘は良寛さんが大切にいていた「和顔愛語」です。)

       

      自分の身に起こることをいいも悪いもなしにすべてを受け入れ淡々と生きていく。なんという人生の達人でしょうか。良寛さんは私の好きな偉人の一人で、尊敬し目指すべき人物です。

       

      もし今良寛さんが生きていればこう言うでしょう。コロナな苦しんでるときはコロナで苦しめばいいんだよ。

       

      宮沢賢治の有名な雨にも負けずの中にもこんな一説があります。「ヒデリノトキハナミダヲナガシ サムサノナツハオロオロアルキ」

       

      このままこの状況が続いたらお店を閉めなきゃいけない。会社が倒産したらまた就職口を見つけなきゃいけない。来月の家賃を払えない。学費が払えない・・

       

      皆さんこんな悩みで苦しんでるんじゃないでしょうか。何を隠そう私もその一人です。

       

      そんな思考や感情に抗うのをやめて、一緒に涙を流し、オロオロしようじゃありませんか。

       

      一休和尚ならこう言うでしょうね。大丈夫、心配すんな、何とかなる。

       

      実際どんな結果が待っていようとも意外と大丈夫だったりします。

       

       

      | sawasprit | プライベート日記 | 16:41 | - | - |
      緊急事態宣言による臨時休診について
      0

        千葉県は緊急事態宣言の対象になりました。

         

        整体と催眠の当店は対象ではないかもしれませんが、当院からコロナ患者を出すわけにはいかないという判断をして、5月6日まで自主的に臨時休診にすることにいたしました。

         

        収入がまったくなくなるというのはとてもつらい判断ではありましたが、みんなで力を合わせて早く平和な日常を取り戻したいと思います。

         

        早く皆さんに会いたいです。

         

        皆様お体ご自愛下さい。

         

        おおさわ整体院・おおさわ催眠センター 院長 大澤康典

        | sawasprit | プライベート日記 | 06:31 | - | - |
        雨にも負けず
        0

          ロングフェローの「雨の日」という詩の一節

           

          誰の人生にも雨降りの時がある。

          暗く侘しい日々がある。

           

          今は世界中で雨が降ってるみたいです。

           

          雨は必ずやみます。

           

          今は山の如く動かずじっと耐えます。

           

          PS:志村けんさん安らかにお眠りください。私はあなたからたくさんの笑いをいただきました。ありがとうございます。

          | sawasprit | プライベート日記 | 19:29 | - | - |
          思考の不思議さ 2020/03/11
          0

            シンクロニシティという言葉があります。虫の知らせのようなものでしょうか。

             

            自分の思いが現実の成果に偶然の一致のように出現するときがあります。

             

            ユングが提唱したような集合的無意識によって他の人たちとも深層の世界では繋がっているのかなと思うことが良くあります。

             

            自分の今の状況を変えたければ、まずは自分の思いを変えることが大切かもしれませんね。

            | sawasprit | プライベート日記 | 21:51 | - | - |
            2019年度営業終了
            0

              2019年度の営業が本日で終了しました。

               

              今年も様々な出会いがありました。

               

              ご縁があった皆様に感謝申し上げます。

               

              来年もたくさんのご縁がある人々との出会いを楽しみにしています。

               

              人それぞれ多くの悩みを抱えて生きていると思いますが、何とか今年も乗り越えられそうですね。

               

              私も含めもがき苦しみながらでも生きていきましょう。

               

              皆様に幸せが訪れることをお祈りして今年の営業を終了したいと思います。

               

              どうど来年もよろしくお願いいたします。

               

              良いお年を!!

              | sawasprit | プライベート日記 | 19:23 | - | - |
              squareさんに失恋しました
              0

                今政府が一生懸命キャッシュレスを進めてるので、うちの店でもキャッシュカード使えるようにしなければと思い、先日squareというところに申し込みました。

                 

                いったんは承認されたのですが、一度使った後、突然あなたのアカウントを停止しますというようなメールが来ました。セキュリティー上理由は教えられないそうです。しかもこの決定が覆ることはないととても冷たくそっけないメールでした。

                 

                まるで一度付き合った女性から「やっぱり無理!別れてください。理由は言いたくない。そしてもう好きになることはありませんのでこれ以上付きまとわないでください」と言われたようで軽くショックです(T_T)

                 

                女ごころが分からず自分の何が悪くてフラれたのか途方に暮れている男のようです。

                 

                うちの店の何がいけないのでしょうか。催眠ってあまりいいイメージがないのでそれが理由なのかななどと悶々と考えています。

                 

                でもここまで嫌われたのならきれいさっぱり別れてあげようじゃないですか!

                 

                こうなったらうちの店ではクレジットカードは扱わないことにしました。

                 

                今うちの店でキャッシュレスで使えるのはスマホによるORコード決算のpaypayとpringです。この後d払いが追加する予定です。

                 

                まだマイナーですが、個人的にはpringが手数料が少ないので押していこうと思います。

                 

                puringについて知りたい方はこちらをご覧ください。

                 

                ということで、キャッシュレスでお支払いをお考えの方はスマホにpaypayかpuringをインストールして使える状態にしてご来店ください。

                 

                スマホは一生使わないという信念をお持ちの方は今まで通り現金払いでお願いいたします。

                 

                どうぞよろしくお願いいたします。

                | sawasprit | プライベート日記 | 17:37 | - | - |
                2019流山市花火大会
                0

                  | sawasprit | プライベート日記 | 08:28 | - | - |
                  20191月1日今年もよろしくお願いします。
                  0

                     

                    皆さん明けましておめでとうございます。

                     

                    今日は事務所の近くの赤城神社に行ってきました。

                     

                    私は毎年元日はここにお参りに来ています。

                     

                    お正月だけじゃなく気が向いた時にはちょくちょく来てるんですけどね。

                     

                    神社は心落ち着く気分がして好きな場所です。

                     

                    私にとってのパワースポットです。

                    | sawasprit | プライベート日記 | 22:22 | - | - |
                    私は今日、人助けをしました。
                    0

                      今日は予約が入っていなかったので、お休みにして千葉ニュータウンのジョイフル本田に行きました。行く目的はペットショップにいるお気に入りの鳥に会うためです。千葉ニュータウンのジョイフル本田に着き、まずは1000円分のガソリンを入れました。ここの給油所はとても安くて毎回行くたびに必ず1000円分を入れるのが恒例になっています。ガソリンを入れ、お気に入りの鳥と30くらい戯れ、特に買うものもなかったので、流山に帰って来ました。

                       

                      流山に帰ってきて、ビールが家にないことに気づいてので、近くのスーパーに行き、ビールを買い、お金を出そうとしました。今日はお財布に15,000円を入れていました。さっきガソリンを1,000円分入れたので、14,000円残っているはずです。でもお金を払おうとしたとき、1万円札しかないことに気づきました。一瞬何が起きたのかわからなくなりましたが、すぐに気づきました。ジョイフル本田で1,000円分ガソリンを入れるときに、5,000札しかなかったので、5,000札を入れたのです。そしてそのお釣りを取るのを忘れたんですね。流山からだと千葉ニュータウンまで1時間以上かかります。私はこのように考えてみることにして、あきらめることにしました。

                       

                      ”小笠原健二48歳は、5年前、仕事で失敗し、その責任を取らされ会社をクビになりました。それでも妻の京子は「気にすることないわ、私も働くし、きっとなんとかなるわよ」と励ましてくれました。その言葉に励まされ、健二は何とか頑張ろうという気になっていました。でも悪いことは続くもので、未成年の無免許運転の車に妻の京子ははねられてしまい、命をおとしてしまうのです。その犯人は大物政治家の息子で、事件はもみ消されてしまいました。健二は絶望で苦しみ、自殺しようとさえ思いました。でもそれを思いとどまらせたのは、今年小学3年生になる息子の芳雄がいたからでした。この子の為に生きなければならないと、健二は昼は日雇いの肉体労働、夜はコンビニで懸命に働き、息子の芳雄を養っていました。それで今健二には大きな悩みがありました。この秋に、芳雄の小学校では遠足があり、その遠足代の4000円がどうして払えず、芳雄を遠足に行かせることができそうになかったのです。健二は悩み苦しみました。自分の不甲斐なさに落ち込みました。「4,000円を出してやることができずに、芳雄をみんなと一緒に遠足に行かせられないなんて、俺はなんてダメな父親なんだ」ときに貧困は人を変えてしまいます。健二は決心しました。「もうこうなったら、ガソリンスタンドの自販機を壊して、お金を強奪してやる」健二は10万円で買った中古のカローラに乗り、千葉ニュータウンのガソリンスタンドに行きました。ここまま車で突っ込んで、自販機を壊してお金を奪おうとしました。アクセルを踏もうとしたその瞬間、健二に聞き覚えのある声が聞こえました。「あなた、バカなことはやめて・・・」そう言う妻京子の声が聞こえました。健二はそこで正気を取り戻すことができたのです。健二は泣きました。「俺はなんて馬鹿なことをしようとしていたんだ。こんなことをしても芳雄は喜んでくれない」健二はもう一度頑張ろうという気になりました。そしてふと目をあげると、何やら自販機のところに紙のようなものが見えました。涙で曇っているのでよく見えません。涙を拭い、もう一度よく見てみると、お金がそこにあるではありませんか。健二は車を降り、恐る恐る手を伸ばしお金を取りました、「1,2,3,4・・・4,000円あるじゃないか、ああ、神様!!」健二は神様がそのお金をくれたものだと確信し、ありがたく頂戴しました。そして無事に、息子の芳雄は遠足に行くことができ、健二もその後良い就職先が見つかり、その後も親子仲良く過ごしたのです。”

                       

                      私はあの4,000円で、人助けをすることができたのです。私はあの親子の神様になったのです・・・・そう思うことにして、あの4,000円はあきらめます。

                       

                      ・・・・そして、この話には続きがあります。その夜、私が寝ていると、神様が私の前に現れました。神様は右手に4千円、左手に4万円を持って私にこう尋ねます。「君が今日忘れたのは、こちらの4千円ですか?それともこちらの4万円ですか?」正直者の私はこう答えました。「私が忘れたのはこちらの4千円です」。それを聞いた神様はこう言いました。「君のような正直者は、わしゃ大好きじゃ。君にはこの4万円をあげるよ、ほれっ。」と言って私に4万円を差し出しました。私が「えっ、でも」と躊躇すると、神様は、「人の行為を無駄にしちゃいけないよ、覚えておきなさい。さぁ、早くしまって」といって、強引に4万円を私に渡しました。こうして、私の4千円は、4万円となって、戻ってきたのです。ああ、めでたしめでたし。

                      | sawasprit | プライベート日記 | 21:00 | - | - |
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      282930    
                      << June 2020 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + フリー1
                      + フリー2
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE